01 採用情報

モデル年収

  • プロフェッショナルコース

    • 1年目(訪問介護部門へ配属)
      1年目(訪問介護部門へ配属)
      初任者研修を終了して福祉の里へ就職。ご自宅で暮らしている利用者様一人ひとりと向き合いながら生活を支えていくことができる訪問介護ヘルパーに。
      訪問することに少しずつ慣れ、利用者様との会話を楽しむ余裕も出てきました。
      利用者様に喜ばれると、本当に嬉しくなります。


      モデル年収
      3,200,000円
    • 5年目(介護福祉士取得)
      5年目(サービス提供責任者)
      国家資格である介護福祉士を取得。先輩ヘルパーとして、後輩ヘルパーへの実技指導も行います。
      他部門を経験するために、福祉用具など他のサービスへの移動の道もありますが、私は大好きな訪問介護の仕事を続けていくことを選びました。
      訪問を待っていて下さる利用者様の笑顔を見ると、やりがいを感じますし、感謝の言葉をいただくと、訪問介護をやっていて本当に良かったと思います。


      モデル年収
      3,600,000円
    • 10年目(サービス提供責任者)
      10年目(ケアマネジャーへステップアップ)
      利用者様のアセスメントや担当者会議への参加、訪問介護計画書の作成などを行うサービス提供責任者になって2年目。先輩にいろいろ教えてもらいながら一つ一つの業務にも自信がついてきました。ヘルパーとしての訪問も続けながら、さらに多くの利用者様の生活に関わることができるやりがいのある仕事です。
      また、社内認定制度に合格すると、プロフェッショナルとして社内や社外向けの研修講師となり、研修の企画・運営にも参加できるようになります。


      モデル年収
      4,300,000円
  • マネジメントコース

    • 1年目(訪問入浴部門へ配属)
      1年目(訪問入浴部門へ配属)
      新卒採用で入社して最初の配属先は希望通りの訪問入浴。この福祉の里の原点でもある訪問入浴サービスは先輩スタッフと3人で訪問するので利用者様への声掛けや、気遣い等、先輩の横で仕事が覚えらます。困ったときにすぐフォローしてくれたり、アドバイスをしてくれる人が横にいるのはとても心強いです。
      「よく来たね」「待ってたよ」「ありがとう、気持ち良かったよ」という利用者様からの言葉は、とても嬉しいです。


      モデル年収
      3,200,000円
    • 5年目(主任)
      5年目(主任)
      訪問入浴スタッフとして経験を積んでいく中で主任に昇格。日々自分自身の技術の向上に取り組みながら、新しく入ってくるスタッフが安心して働けるようにサポートするのも大切な仕事です。
      担当の利用者様を持つようになり、ケアマネジャーと連絡・連携したり、訪問入浴スケジュールの調整も行います。また、担当者会議に出席したり、訪問入浴計画書を作成したりもします。
      さらに上のレベルを目指して、介護福祉士の資格取得にもチャレンジします。


      モデル年収
      3,850,000円
    • 10年目(係長)
      10年目(係長)
      いよいよ係長に昇格。スタッフのシフト調整やミーティングの開催、ケアマネジャーへの営業など、所長の右腕として営業所の訪問入浴部門の運営をしていく立場です。入浴スタッフの人事考課を行いながら、一人ひとりが成長を実感できるよう様々な応援をしていくのも係長の大事な役割です。
      スタッフから相談を受けることも多く、責任ある立場ですが、「任されている」という実感があり、やりがいにつながっています。


      モデル年収
      4,500,000円